経営基本方針

企業理念

地域社会への貢献

    豊かな森林の創造
【豊かな森林の創造】
  経済的価値の高い森林・公益的機能の高い森林の造成
 
【林業収益の山元還元】
  生産性の向上・生産コストの低減による、間伐収益の山元還元
 
  ※平成15年1月間伐実施
   間伐後1年半後の林況(本数間伐率40~50%、600本/ha)
 

基本戦略

基幹的業務として「利用間伐」を位置づけ

【理由】

・間伐は、日本の林政と地域林業の最重要課題 → 課題に挑戦することに意義がある

 

・利用間伐は、種々の付加価値を発生増進する → 地域経済への波及効果大
 
雇用の増大 : 搬出 ⇒ 運送 ⇒ 木材市場 ⇒ 運送 ⇒ 製材 ⇒ 運送
収益の還元 : 間伐材の販売収益金が山元(山主)に入る。
 
・会社運営における所要事業量の安定確保の可能性が高い
 
要間伐森林は、膨大な面積を有していること。しかも利用間伐は、定期的に繰り返し必要な施業であることから、当社の永続的な事業となり得る。
 
・社員の育成に最も効果的な事業…「高価値化とやり甲斐を有する仕事」と位置付けできる
  今後における環境保全上の森林整備の中でも、利用間伐は最重点的施業となること。
利用間伐は、作業難易度が高く、高度な技術を要するとともに、その成果が間伐後に確実に残るため、事業体の技術力や実行姿勢が評価されること。

 

 

基本戦術

林業サービスの充実により「顧客満足度の向上」を促進

間伐材は収益を確保するため市場へ
【高品質間伐施業の提供】
通直で傷など欠点のない良木を適切な間隔で残し、しかもその残した木を絶対損傷しない品質の高い間伐施業の実行。
 
【間伐収益の山元還元】
生産性の向上による生産費のコスト低減や間伐材の販売努力による収益の確保により、森林所有者への間伐収益の還元とその還元額の増大。

基本戦力

社員の技術力の向上

作業する若い社員
・社員の育成
   社員一人ひとりの労働意欲「やる気や向上心」の醸成 
 
・社員の「健康・労働安全衛生の確保」
   労働安全衛生に対する「意識」の高揚
   労働安全衛生に対する「知識」の習得
   労働安全衛生に対する「実践」の確保
 
・社員の「協調体制の確立」 
 
・機械化による「高生産システムの確立」
 
初々しい入社1年目
山師の貫禄十分7年目
株式会社とされいほく
〒789-0313
高知県長岡郡大豊町川口
2042番地16
TEL.0887-72-1230
FAX.0887-72-0331

 
0
5
7
9
1
8